子供たちの生きる力を伸ばし、家庭を守る女性を支援します。

私たちライトハウスは、東日本大震災後、地元住民自らによる生活用品、支援物資の中継活動からスタートしました。

支援物資をご近所のみなさんに届けた後、漁業者の仕事再開を支援するプロジェクトを複数立ち上げたり、
女性の仕事をつくるための手仕事ワークショップの開催など、草の根的にボランティア活動を行なってまいりました。

一つ一つが小さな活動のため、派手な支援はできませんが、地元住民が自ら関わり続けることで
2019年のいま現在も地味に継続しております。

震災後8年以上が経過し、被災地の街並みはきれいになりつつありますが、
復興支援が終わりつつある今、気が付けば住民の多くが仕事と生活の困難に直面しつつあります。

その影響を強く受けるのが子供と女性達です。
私たちは家庭を守る女性に仕事の機会を提供すること、子供たちには励まし、自信、生きる力を与える活動を
小さいながらもずっと続けていきたいと考えます。